4年間勤めた看護師をやめて、海外を飛び回りながら自分の生きる道を探す

Rose
苦労して看護師になってのに配属先の部署が自分には合わずうつ状態になりました。覚悟を決め退職し今は海外で自分が1番輝ける場所を探しています。

「せっかく就職したから、長く勤めなきゃ」
「苦労して取った資格だから、利用しないともったいない」
一生懸命努力して勝ち取った仕事をやめるときは、迷いがあります。
しかし、私は一度正社員から離れてみたことで、周りのことを考える余裕が生まれ、世界観が広がりました。私が看護師をしているときから現在までの心情の変化を紹介します。

看護師1年目からICU配属になる

私は周りの同級生より1年遅れで就職しました。それが理由かは分かりませんが、新人看護師としてはめずらしい、ICU勤務になりました。

一年目からICUに配属されることは当時の病院ではまれであったので、年が近い先輩もおらず、絶対に勤務がかぶることない同期とともになんとか毎日を過ごしていました。

ここは私には合わないと実感

1,2年目のときから忙しいICUは自分に合わないなーとは思っていましたが、1番きつかったのは3年目のときです。
ICUの中で移動があり、違うチームのメンバーとなりました。
3年目ということで周りの期待値は上がっていましたが、私は周りの人と比べて仕事ができませんでした。
大切なことの優先順位がつけられない、周りの人に注意されるとパニックになる、仕事を覚えるのが遅いなど、問題点が多くなかなかうまくいかなかったので、先輩からの風当たりは厳しかったです。

それもあり、仕事中だけうつ状態のようになりました。

必要最低限のことしか話をせず、マスクの下の表情は四六時中同じでほとんど感情を出さずに仕事をしていました。
一般病棟だと患者さんが唯一の癒しとなってくれることもありますが、そこはICU。
普通にコミュニケーションを取れる患者さんが少なかったので励ましてくれる人は少なく、辛かったのを覚えています。

一度看護師をやめてみることを決意

4年目に入る前、「もうここで精神不安定になりながら働くのは嫌だ」と思いました。
退職したいと上司に報告すると、他の病棟に異動願いを出してあげる、退職金をもらってからやめてほしいなど、やめなくてすむ理由をたくさん言われました。
しかし私は一度その道から離れたかったので、その年の年度末に退職しました。

自然いっぱいの場所で生活してみた

退職後は、全く違う環境で生活してみたかったので、観光業のアルバイトに挑戦しました。
山に囲まれた場所で、とてもリフレッシュできました。
綺麗な空気を吸い、美味しい水を飲み、色とりどりの花を見て、夜は満点の星空を眺める生活。

看護師をしていたころとは違う世界に浸ったことで、自分と向き合う時間が持てました。
そこで、海外からの観光客にたくさん会いました。
外国人と英語で話すことを通じて、片言の英語が通じたことへの喜びや、もっとコミュニケーションをとりたいけど取れないもどかしさを感じることが多々ありました。
そこで英語を勉強したい、海外で生活してみたいという思いが芽生え、ワーキングホリデーに行くことを決めました。

海外で生活して得たこと

留学とワーキングホリデーを合わせて2年弱海外で過ごしました。
そこで感じたのは、「人生に正解はない」ということです。

海外で生活してみて、いろんな生き方をしている人に出会いました。
仕事が終わったら必ず6時までに帰宅して家族との時間を大事にしているホームステイ先のホストファザー、定年後に田舎で家庭農園のやりくりをしながらひっそり暮らしている夫婦、日本から発展途上国に出てきてビジネスをしようとしている日本人。
自分が正社員の看護師として生きてきた世界とは全く違ったものが見えました。
それと同時に、やりたければなんでもチャレンジできるのだという希望を持つことができました。

これからチャレンジしたいこと

「忙しい場所で働くのは向いていない」というのは、ICUで嫌というほど感じました。
ですので、ゆったりと患者さんと話をしながら1人ひとりに寄り添える環境で働きたいと考えています。

私が得意なことは、人の話を聞きながらよりよい信頼関係を作っていくことです。
得意なことを最大限に生かした仕事をすると、自分の負担が少なく、また他人を喜ばせることに繋がると思います。

海外から日本に戻ってきた今は、派遣看護師として多様な仕事に挑戦しながら自分が1番輝ける場所はどこか、探していく予定です。

世間一般のレールから少し外れてみることでの意義

私は、看護師時代、上司に引き止められながらも看護師をやめました。
やめてから見えてきたことはたくさんありました。

海外に行ったからというのもありますが、日本の田舎で生活してみたり旅行をしたりすることを通して、看護師をしていては出会えなかった方と知り合えました。
それ以上に価値があったのは、新しい自分に出会えたことです。
自然の中に身を置くことで、自分が小さいころに好きだった記憶が蘇り、「私って、こんなことも好きだったんだ。これもできるんだ」と自分を肯定することができました。
そこから、新しいことをやる意欲にもつながったと思います。

「正社員をやめる」「大学をやめる」これにはとても勇気が伴います。
メリットばかりではないかもしれません。
しかし、自分自身が何かを学びたいと感じれば、自分から感じ取ることができるし、それを周りの人に伝えていれば自分の背中を押してくれる人が現われます。
自分の道に迷っている人には、ぜひ視野を広くもって多くのことに挑戦してほしいと思います。